割とポピュラーになりつつ写真販売!本当に儲かるのか!?

カンファレンスバナー

ネット収入としてポピュラーになりつつある写真販売。

趣味で撮影した写真を「PIXTA」「フォトライブラリー」などの写真販売サイトにアップして、ダウンロードされるたびに販売価格の一定割合をもらうことができます。

最近ではブログやコンテンツメディアなどでは関連画像を挿入するのが一般的になっていて、この「ゆうのすけブログ」でも記事を更新する際は関連画像を必ず探します。

スボンサーリンク

本当に売れるの?

昨今、フリー素材が溢れている状況ですが、「この画像あのサイトのだw」と思われる事を嫌うオリジナリティーを重要視するユーザーも増えてきています。特に法人の場合はここにコストをかける傾向強い気がします。

そのような意味では需要は多いにあるのかもしれません。

ただし、ありきたりの場所やありふれた物を写しただけの写真ではライバルもたくさんいて、ダウンロードしてもらうのは難しく、そういった写真はすでに無料素材で配布されています。

では、どのような写真がダウンロードされやすいのか?
尚且つ有料で。

当然ですが、あまり人が行かない場所やいけない場所の写真。ニッチなジャンルの写真は良いかと思います。

また、モデルを使っての人物写真は簡単には撮れないのでライバルが少なく、テーマ次第ではかなりのダウンロードが期待できそうです。

モデルが見つからない場合でも、自分自身がモデルになってセルフ撮影もありかもしれません。

スボンサーリンク

まとめ

ハイスペックなデジカメが、安価で手に入る時代です。

これからは撮影技術よりも、どんな写真が誰に求められているのか?

この辺りをマーケティングすることがとても重要になってくるのではないでしょうか。

カンファレンスバナー

シェアしていただけますと嬉しいです! 

« »